直線上に配置
バナー
席札



差別化には、お金がかかる?
席札は、ゲストの皆様をお迎えする、重要なアイテムです。また、差別化されにくいアイテムでもあります。
通常は、厚紙に名前が書いてあるのが一般的な席札です。中には、ワインのボトルに名前を彫り込んで席札にする、という趣向も見られます。でも、それなりのお金がかかります。

低コストでも、これだけ目立つ席札
当工房の席札は、写真のように立っているため、とても目立ちます。また、会場に入ってきたゲストも、テーブルに置かれた紙を見るよりも、立っている紙を見る方が、自分の場所を探しやすいと思います。
デザインは、写真ようにシンプルなワンポイントとゲストの名前、というパターンが一般的ですが、ご希望に応じて様々なタイプを作成いたします。
ハガキサイズの厚紙()を使いますので、ゲスト名やワンポイント部分の大きさも十分です。強度は、当工房で確認したところ、外部からの力がかからなければ、実に数週間に渡って立ち続けていました。そのため、披露宴の開始数時間前からセッティングしておいたとしても、倒れたりする心配はありません。

なお、最終的な組み立ては、お客様自身で行って頂くことになります。切れ込みを入れるところや折るところには、薄く補助線が入っているので、組み立ても簡単です。別途加工料がかかりますが、当工房で組み立てることも可能です。

席札正面(クリックして拡大) 席札横(クリックして拡大)


気になる料金は?
名前とワンポイントというシンプルな構成にすることと、ハガキサイズの厚紙を使うことにより、コストを徹底的に抑えました。その結果、作成料が500円、印刷料が1枚20円と、超格安でご提供させていただいております。


名前が書いてある厚紙の席札と、コストを比較してみてください。また、大きなサイズで、大きな文字を使える当工房の席札は、特にご高齢の方に大変喜ばれております。目立つ上に経済的な席札を、是非ともご検討ください。


印刷サンプルは有料(100円)ですが、画像データによるサンプルは無料にて作成しております。まずは一度お問い合わせください。

   

直線上に配置