直線上に配置
バナー
ウェディングカード



ご芳名帳の代わりに
ウェディングカードとは、ご芳名帳の代わりに、ゲストに住所や氏名を記入して頂くカードのことです。別名、「ご芳名カード」とも呼ばれます。
ご芳名帳との違いとして、ご芳名帳の場合は、受付時に記入しますが、ウェディングカードの場合は、カード形式になっておりますので、招待状に同封し、記入して頂いたカードを当日受付へ提出して頂く、という使い方ができます。ご芳名帳への記入待ちで受付が混雑するのを防ぐことができます。
しかし、中には当日、忘れてくる方もいらっしゃいます。そのような時のために、ウェディングカードは多めに用意されることをお勧めしております。

当工房のウェディングカードの特徴
当工房では、ハガキサイズの厚紙を使用することにより、コストカットを図っています。また、記入する項目も、お名前、ご住所、新郎新婦へのメッセージのほかに、性別や年齢、生年月日、メールアドレスなど、ご要望に応じて追加することができます。追加した項目を元に、何か余興をする、ということもできます。例えば、ゲスト参加型クイズで、今日のゲストの平均年齢当てクイズや、多い血液型当てクイズなども可能です。
デザインも、ご要望に応じて作成しますので、どのようなデザインにしたいか、というイメージをお聞かせ頂ければ、それに沿って作成します。デジタルデータでのサンプル作成までは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
また、ハガキサイズなので、保管は市販されているハガキ整理用のバインダーやファイルを使用することができます。


気になる料金は?
ハガキサイズ片面印刷の場合、基本料250円、印刷料1枚25円。両面印刷の場合、基本料500円、印刷料50円となっております。


ゲストもご芳名帳への記入を待つ時間を短縮でき、人前で字を書く緊張感からも解放される嬉しいアイテムです。ゲストからのメッセージも記入して頂くことができるので、良い思い出の品になること間違いなし。


印刷サンプルは有料(100円)ですが、画像データによるサンプルは無料にて作成しております。まずは一度お問い合わせください。

   

直線上に配置